観光文化学科(目白キャンパス)

観光文化学科 NEWS

観光文化学科の「特色」

  1. 1. 観光を実践しながら学びます

    観光を学ぶ楽しさは、授業で学んだ理論をすぐに実際の観光地や観光産業にあてはめて確認できる点にあります。日本最大の観光地?東京をはじめ、地方の観光地、ホテルやテーマパークなどの現場での見学や研修は、新しい発見の連続です。

  2. 2. 観光?ホスピタリティの仕事に直結した科目も充実

    「観光概論」や「観光心理学」といった理論的科目とともに、「ホテル?マネジメント論」や「旅行事業論」「エアライン事業論」「テーマパーク事業論」「ブライダル事業論」といった観光やおもてなしの現場で役立つ多彩な科目をバランス良く学べます。

  3. 3. 語学力とコミュニケーション能力を身につけます

    観光業で必要な英語コミュニケーション能力を養成するため、「観光英語基礎」「観光英語」などの英語科目、さらには「観光中国語」「観光韓国語」などの外国語科目も開講しており、学生の語学力向上を支援しています。

学びの特長

    多彩な実践授業

  1. 授業は、教室の外でも充実して行われます。

    学科の授業は、観光概論、観光社会学、観光心理学などの理論は教室で学びます。本学科はこれらに加え、教室以外の場所で多彩な実践授業を行っています。例えばホスピタリティを教室で学んだら、実際のホテルでホスピタリティがどのように実践されているかを、現場で働く人たちから学びます。

  2. 授業で資格取得を支援

  3. 関連する授業で様々な資格取得の支援を行っています。

    国内旅行業務取扱管理者(国家資格)、ホテル?マネジメント技能検定、世界遺産検定、観光英語検定、東京シティガイド検定、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などを授業で支援し、多くの学生が資格を取得しています。